ターザニア

こちらも小学生以上。


キャニオニング・シャワークライミング

今はまだ下の子が5歳なので難しいようだが、小学生くらいになったらいけるところがありそうだ。


この絵本読んで!2002年夏号を読んでいて、100絵本プロジェクトというホームページに出会いましたのでリンク貼らせていただきました。
太鼓判絵本などは、だいたい読んだことあるものですが、一部まだ読んでないものもあるので、参考にしたいとおもいます。


ここ1週間くらいは毎朝水遣りするものの、水は少なくしてあった。
テキストでは「3日くらいは水を少なめに」とあるのだが、ちょっと水少なすぎたかな。
植え替えてから1週間たっているが、今日から水は5cmくらい入れておく。
苗はどれも約15cm弱。

0606mizuwo.jpg

葉が3、4枚になったので、元気そうな苗を選んで植え替えた。
テキストでは、よい苗を2~3本(コシヒカリは4~5本)を選び1株にする、と記されていた。
私の場合、コシヒカリを5本1株、ニホンバレを4本1株、ツキミモチを3本1株として植え替えてみた。手前から順に、コシヒカリ、ツキミモチ、ニホンバレ。長方形のプランターに一列に並んだミニ水田である。どの苗も現在、約10cm弱というところか。
0529uekae.jpg

撒くのが遅かったせいか、葉っぱが地面に突き刺さるような形で伸びてきたものがありましたが、そんなときは根っこが土に埋まるように方向修正してあげました。
現在のところ、緑の葉っぱが2、3枚出てきました。
コシヒカリとニホンバレは、か細い葉っぱです。ツキミモチはすこし短めで太めの葉っぱが出てきています。長めのもので約5cmくらいです。
100523koshihikari.jpgコシヒカリ 約4.5cm
100523nihon.jpgニホンバレ 約4.5cm
100523tsukimi.jpgツキミモチ 約4cm



芽が出てきました。そろそろ種を土にまきます。
水たまりができるくらい土を湿らせ、種もみ2つ分くらいの深さに埋めていきます。
芽だしをはじめてからすこし時間がたちすぎて、芽がたくさん出すぎてます。
週末しか時間が取れないので、しかたがないです。
(ほんの少し発芽するくらいでよいみたいなのですが、すでにもやしみたいにいっぱい根っこが見えてしまっています。)
100516megadeta.jpg
100516uekae.jpg

黒土6、赤玉土3、鹿沼土1の割り合いで配合する、とテキストには書いてありましたが、スーパーの園芸コーナーにあった「花と野菜のまんぞく土」というのを使いました。
自分で配合するより、よさそうだったので。
子供のときに見た田んぼの土とは全然違うけど、まぁなんとかなるだろう。
また、バケツは使わず、普通のプランターを使いました。種もみが3品種あるので、当面の間、長方形のプランターに2品種、ふつうの丸い植木鉢に1品種とします。

100515tanbo1.jpg

ヨーグルトの空き容器に水を少し入れて、種もみを発芽させます。4~5日で発芽するそうです。毎日水を替えます。
品種は、コシヒカリ、ニホンバレ、ツキミモチ(もち米)です。

100508tanbo.jpg