« 2006年04月 | メイン | 2006年10月 »

2006年05月15日

千葉ヤクルト工場見学

  • 関連ページ:(株)千葉ヤクルト工場
  • 駐車場:あり
  • 住所:千葉県四街道市和田166
  • 予算:0円
  • ムスコ(6歳)の満足度: (2.0) ヤクルト菌とビフィズス菌が悪玉菌をやっつけるビデオが面白かった。ピタゴラみたいな工場も楽しい!
  • ムスメ(1歳)の満足度: (1.5) 見学はわからないけど私もヤクルトもらっちゃった。隣の公園の散歩も楽しかったわ。
  • パパの満足度: (2.0) 無料。かけつけでヤクルトの試飲サービス、そして、お土産に1人あたり5本のヤクルトをプレゼントしてくれて満足。
    (※星3つが最高。いずれも評価はパパの主観です。)
  • その他コメント:5月15日、今日は平日だけどたまたまパパが会社を休み、家族サービス。最近たまにメディア等でも話題になる工場見学に行ってみることにした。選んだのはヤクルト。この日は平日だったので、当日朝に電話して、その日の昼過ぎから見学することができた。(説明係のおねえさんの話によると、学校の社会化見学などで使われたりするほか、一般でも土曜日などは結構混雑するらしい。平日は結構狙い目かも。)
    おそらくビデオや説明のしかたもいろいろなバリエーションがあるのだろう。今回は貸切状態だったので幼稚園児のムスコ向けにビデオを選んでくれたのでは、と思う。パパとしても、ヤックン(ヤクルト菌)が小腸で効き、ビッフィー君(ビフィズス菌)が大腸で効くことなど、勉強になった。
    ムスコはピタゴラスイッチのようにコンベアを流れてパッケージ化されていく製造工程にも興奮。ここでは、ヤクルトのボトルを成型するほか、ヤクルトの原液と水、脱脂粉乳を調合して、普通に飲むヤクルトにしてボトリングをする。(ヤクルト菌の培養とかは工場ではやっていないらしい。)
    最後は1歳のムスメもいっちょまえにヤクルト5本、家族で計20本ものヤクルトをお土産にもらってちょっと得した気分。隣にある公園をちょっと散歩して夕方帰宅した。
    天気がよければ早めの時間にいって、工場敷地内にあるベンチでお弁当などを食べるのもいいかも。
    yakult yakult2
    日付をさかのぼってのエントリです。2006/07/30
  • 2006年05月04日

    東京セサミプレイス

  • 関連ページ:東京セサミプレイス
  • 駐車場:あり
  • 住所:東京都あきる野市上代継600
  • 予算:約10000円(駐車代、入園料大人2名幼児1名、園内での食事他)
  • ムスコ(6歳)の満足度: (2.5) プールがまだ始まってなかったけどそれ以外の遊び場も面白かった
  • ムスメ(ほぼ1歳)の満足度: (0.0) 私が遊べる場所がなんにもないじゃないの!
  • パパの満足度: (0.5) パパはイマイチ盛り上がれない。ママも1歳児を遊ばせる場所がなくて一日退屈。そのわりにかかるコスト高い!
    (※星3つが最高。いずれも評価はパパの主観です。)
  • その他コメント:5月4日、GWなのでちょっと遠出を、ということで急遽セサミプレイスに行ってみることになった。行く前は、セサミプレイスというくらいなので、セサミストリートのような英語の世界をイメージしていたのだが、いってみると遊具はほとんどが幼稚園児向け。ショーは「ABCの歌」とか「If you're happy and you know it clap your hands」とかがネタだけど、基本的に日本語発音のおばちゃんがマニュアルどおりに進める子供向けショー。場の雰囲気にあわせたアドリブも全くなし。盛り上がりも全くなし。ディズニーランドのような本格的ショービジネスとまではいかなくても、もうちょっとマシなショーをできないものか。正直いってこの内容でこの入場料は高すぎ、千葉からはるばる行くほどではないと感じたが、1000円もって公園へ行こうin神奈川の紹介によるとヤフオクで夏季の入場券でも400円程度で手に入るとか。このくらいの値段なら納得。我が家が一番楽しんだのは「アーニーのベッドバウンス」。次に行くときは入場料を節約していこう。
    sesame
    日付をさかのぼってのエントリです。2006/07/07
    本年(2006年)12月31日をもって閉園することになったみたいですね。もう行くことはないかな。2006/10/23追記
  • 2006年05月03日

    佐倉草ぶえの丘

  • 関連ページ:草ぶえの丘
  • 駐車場:あり
  • 住所:千葉県佐倉市飯野820
  • 予算:約2500円(駐車代、入園料大人2名幼児1名、ミニ鉄道2名分他)
  • ムスコ(6歳)の満足度: (3.0) ミニ鉄道、とっても長くて大満足。
  • ムスメ(ほぼ1歳)の満足度: (3.0) なんだかよくわからないけど見たことないものいっぱい見たわ
  • パパの満足度: (3.0) 全長1.1Kmもあるミニ鉄道はもちろんのこと、ふれあい動物園でポニーに乗れたり、冒険トリデやカーブドスペースシステムなど、遊具もいっぱいあり、一日しっかり遊べます。
    (※星3つが最高。いずれも評価はパパの主観です。)
  • その他コメント:5月3日、佐倉草ぶえの丘に行ってきた。ちょうど五月祭というイベントをやっているときで、屋外演奏などがとてもにぎやか。近所の公園にふらり散歩に行く程度のつもりが一転、イベントと自然と遊具を満喫できるとても楽しい一日となった。
    kusabue1
    しばらく更新していなかったので、日付をさかのぼってのエントリです。2006/06/25
    まず、正面のゲートのところでは、生産農家直売のトマト。真っ赤に熟してからとっているこのトマトは、色、味ともにスーパーで買ったものでは決して味わえない濃厚な味だった。
    そして、その奥では、ちょっとした芝生広場のまわりにぐるりと子供の喜びそうな遊具とミニ鉄道の乗り場。ここで持ってきたレジャーシートを広げてお弁当。
    ムスコはお弁当よりも遊具に気を取られて走っていってしまった。お弁当を広げているところからは、いろいろな遊具がちょうど見渡せるので安心して子供を見ながら食べていられる。
    食べ終わったら、早速、本日のお目当てのミニ鉄道。今回はムスコはもちろん、ムスメ(ほぼ1歳)も乗り物に挑戦。ムスメはまだ一人で歩いたりはできないけれど、パパが支えてミニ鉄道に乗り、めまぐるしく変わる景色にビックリ顔だ。
    お次はムスコがアスレチックへ。結構たくさんあるので、その間にムスメはおっぱい飲む。
    そして次はポニー乗馬体験。コースをポクポクあるくポニーの横で、ムスメもパパに肩車されて乗馬気分。
    さらに、ちょっと歩いたところにはカーブドスペースシステム、昔の民家、冒険トリデ。芝生のひろばの端には、きれいにフジの花が咲いていた。大人も子供も一日飽きずに本当に楽しめた。これでもまだ今回はバラ園や芋ほりなどの農業体験はやっていないし、公式ページによるといろいろなイベントも年間を通じて企画されているらしく、また行ってみたい公園の1つだ。
    kusabue2kusabue3