« 芝山公園 | メイン | 佐倉草ぶえの丘 »

百日忌

最近、まったくBlogの更新をしていなかった。それは、一番このBlogを見てほしかった母が、1月に他界してしまったためだ。このBlogの最初のエントリにも書いたように、このBlogは「自分と子供のため」であったが、自分と子供たちがどんな生活をしているのか、関西という離れた地にいながらも見ていてほしい、という気持ちがどこかにあった。しかし、そんな母も、もうこのBlogを見てくれることもない。下のムスメがもうちょっと大きくなるまで、成長を見守っていてほしかったが、それがかなわないのが残念だ。
4月30日、百日忌を過ぎて、日々の生活はもとにもどった。
振り返れば、仏事なんてまったく知らなかった私。そのほかにも母がやってくれていたからこそ、自分がやっていなかったことがたくさんある。これからはそれらを自分でやっていかないといけない。
それと、1つ変わったこと。それは、自宅にお仏壇をおき手を合わせるようになったことで、母のことを考えることが多くなった。花を供えようとか、お供え物を買わなきゃとか。また、母はこんな風なことをよく言っていたとか、母の作ってくれたこんな料理はおいしかったとか。皮肉なことに、生前・闘病中はなかなか自分にとって遠く離れている母のことを考える機会は少なかった。そのことで、妹にはとても苦労をかけた。これからは、自分がもっとしっかりしないといけないな。

さて、このBlogも、母に見てもらえなくなったため、自分にとってはおのずと、気持ちの変わったものになってしまうとおもう。これからは、家族で楽しんだ思い出や育児のやり方など、見ていただいているほかの方にとっての情報提供を心がけていきたいとおもう。写真などは、なるべくプライバシーに影響ない程度のものにしていこうとおもう。これはムスメを持った自分にとって、やはりムスコのときとは明らかに違う気持ちである。また、ムスコも6歳になり、親の勝手で写真を公開するのも問題があると思い始めた。今までにいろいろな面でご指導いただいた方へ、これからも試行錯誤しつつ、親としても成長し、育児も頑張っていきます。これからもよろしくおねがいします。

母へ、天国から、私たち家族を見守っていてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mattani.xrea.jp/mt32j/mt-tb.cgi/217

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)