« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月28日

Scarino(スカリーノ)

ScarinoムスコはNHKのピタゴラスイッチが大好きだ。中でもころころと転がったりする仕組みを見るのが好きなようだ。そこで、ちょっと検討して、結果的には今年のサンタさんにはScarino3をお願いすることにした。
パパが検討したところ、この手のおもちゃとして有名なのは、3種類ある。ヒルパッグ社(スイス)のScarino(スカリーノ)、ハバ社(ドイツ)の組み立てクーゲルバーン、クボロ社(スイス)のCuboro(クボロ)である。さらに、ボーネルンド社のQuadrillaや、もうちょっと安い価格帯では、公文のくみくみスロープもある。
わかりやすい比較サイトとしては、
特集 玉の道炎の頂上決戦
スカリーノ・組立クーゲルバーン・クアドリラ・クボロ比較
記事によると、それぞれに特徴があり、おもしろそうなのだが、ムスコの性格や年齢を考慮すると、クボロはちょっと難しそうだし、組み立てクーゲルバーンはちょっとスピードが出すぎるという印象がある。その点、Scarinoは、ころころとゆったりと転がるようだ。ムスコは、Quadrillaは、幕張にあるボーネルンドのアウトレットストアで遊んだことがある。積み木ではなく、ゆるいはめ込み式になっているので、より大きなものが作れるらしい。くみくみスロープも、トイざらすで遊んだことがある。
Scarinoはビー玉のサイズが少し小さいようだが、普通のサイズのビー玉でも通るらしい。また、今持っている積み木や箱などを利用すればよりピタゴラスイッチ的な動作を作ることができる。仮に今回Scarinoにしても、後でCuboroや組み立てクーゲルバーンの補充部品を買ってもよさそうだ。
最後は木のおもちゃ箱Woody-Landさんの比較記事中にある「最もピタゴラスイッチ的」「ピタゴラ装置にもよくスカリーノパーツが登場している」との紹介が決め手になった。

ネットで注文し、ムスコが幼稚園に行っている午前中指定でとどくようにしておく。届いたらすぐに押入れに隠すようママに言っておく。さて、24日の夜、ムスコにNoradのサンタ追跡のページをみせて、そろそろニュージーランドを通過した頃だから、もうすぐ日本に来る、と教えて、早く寝かせる。
朝起きたら、ラッピングされた箱を開けて大喜び。「こういうのが欲しかったんだ」
箱の中に入っていたScarinoのカタログを見て早速、4月の誕生日プレゼントにはScarino・フォレストが欲しいとおねだりする始末。
喜んでくれてよかった。