« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

2005年06月07日

親子観劇会

6月7日(火)ムスコの幼稚園の「親子観劇会」があった。昨年は家族で(ママも一緒に)行ったんだけど、今年はママは、ムスメがまだ生後1ヶ月なのでおっぱいやオムツのお世話の間隔が短く、とても観劇しているどころではない。そのため今年はパパも会社の年休をとってムスコと二人で出かけた。
毎年恒例の「親子観劇会」は、劇団銀河鉄道のぬいぐるみ劇を見るイベントで、平日に通常保育の代わりに津田沼にある習志野文化会館を貸しきって行われる。
今年の劇は、「ジャックのごほうび」「白雪姫と7人の小人」だ。
ジャックのごほうびは、見る前は「ジャックと豆の木」のことかなと思っていたが、ぜんぜん違ってた。ストーリーとしては、似たような話を絵本で読んだことがあった。世界的な民話らしい。以下、劇団銀河鉄道のWebページから引用。

「ジャックのごほうび」はイギリスの民話です。
<まぬけ>で<ものぐさ>なジャックが、何度も失敗し笑われながらも、最後には幸運をつかむという物語です。(中略)
銀河鉄道では、このお芝居を通して子ども達に「人の失敗を見たら、ばかにするのではなく、一生懸命努力したところをほめてあげよう」というメッセージを伝えたいのです。
また、「白雪姫」のほうは、ストーリーはご存知だろうが、小人たちがステージの下まで降りてきてくれてとても楽しいパフォーマンスだった。
ムスコにとっては、オープニングとエンディングで出てくる銀河鉄道の汽車が気に入ったようだった。
白雪姫汽車

しばらく更新していなかったので、日付をさかのぼってのエントリです。2005/06/27

2005年06月06日

こてはし公園にて

こてはし自宅から車ですこし走ったところにあるこてはし公園は、駐車場もあって大きめの遊具があるので、たまに遊びにいく。6月5日、ムスコの自転車を車に積み込んでこの公園に遊びに行った。最初、ムスコと一緒に追いかけっこをしていると、小学生くらいの子が「自分もよせて」と話しかけてきた。聞くと、近くの小学校2年生らしい。ムスコより3年大きいってことだな。Y君とでもしておこう。で、しばらくY君と追いかけっこを、その後、サッカーボールでボール遊びなどをやって遊んだ。ムスコはまだ、こういう集団遊びがうまくできないので、追いかけっこもパス回しもまともにゲームにならず、すぐにワガママをいって私を困らせる。でも、できるだけこういう経験をさせてあげると、集団生活でも馴染めるようになるんじゃないかな、とおもって、なんとかうまく一緒に遊べるように仕向けた。だいぶ馴染んできた後、最後に自転車競走をやらせた。ちょうど、こてはし公園とグラウンドのまわりをぐるりと自転車で回れるアスファルトコースがあるのだ。
同時にスタートしても勝てるわけがないので、ムスコがスタートした20秒後に、Y君をスタートさせる。スタート後、ムスコも頑張っていたが、やはり補助輪がついた自転車ではそうそうスピードは出ない。20秒後にスタートしても、Y君は早い・早い。予想よりも早く、グラウンドを半周したあたりであっさり追い抜かしてしまった。
パパは、勝っても負けても最後まで競争させるつもりだったのだが、ムスコはこの時点で悔しくて泣き出してしまい、勝負中断。「Y君早すぎ!」とムスコは泣く。そりゃそうだ。2年生なんだもん、そう簡単に勝てるわけないよ。それに、勝負はいつも勝てるわけじゃない。一生懸命やって、その結果、勝てなくても、それでいいじゃないか。一生懸命やることが大切なんだよ。でも、Y君も、相手が泣き出したので、スローダウンして励ましてくれた。いいやつじゃないか。
ムスコは、「もう2度とあの公園にいかない」とか「死む(ムスコは「死ぬ」のことを「死む」という)までY君とは遊ばない」とかぎゃーぎゃー言ってたが、「そうじゃないでしょ。遊んでくれてありがとうでしょ。」ムスコも、帰り際には、しぶしぶ、「ありがとう」「バイバイ」ってしてた。
最近では、年代の違う子供たちと遊んだりするすることが少なくなったというが、今日はムスコにとっては、パパと遊んでいただけじゃ決して経験できない、よい経験をできたとおもう。

Y君、本当にありがとう。ムスコも1つ成長したとおもうよ。

2005年06月04日

兄妹すこやかな寝顔

兄妹ムスコが寝ているところにムスメを並べて写真を撮ってみた。ムスメが着ているコンビ肌着は、ムスコのお下がりだ。
今までまだちっちゃいと思っていたのに、もうこんなに大きくなったんだなぁ。パパと、パパの妹も5歳離れているから、妹が生まれたときはこんな感じだったんだろうなぁ。そういえば、パパの妹が小さいときに、パパが自分の妹の足をもって部屋の中で背中を引きずりまわして、背中が真っ赤になってしまって親に怒られたのを思い出すなぁ。
これからも、時にはけんかしたり、時には守ってあげたりして兄妹仲良くしていってほしいなぁ。