« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月26日

おばあちゃん帰る

ムスメ5月10日から助っ人に来てもらっていたママのお母さん(ムスメのおばあちゃん)が25日で関西の実家に戻ってしまった。今日からはパパ・ママ・ムスコ・ムスメの4人家族で頑張らないといけない。
ムスメも、生まれてすぐのときより、すこしふっくらとしてきた。さっそく桶谷式の母乳マッサージに通い始めた。ムスコのときもお世話になった先生だ。少しマッサージをしてもらったら、母乳が出すぎて困るくらい。ムスコが1歳半になるまで母乳を供給できたのだから、生まれたばかりの女の子の赤ちゃんでは余ってしまうらしい。しばらくは週1で通わないといけない。結構な経済的負担・・・
ムスコはというと、ママが退院してきてすごくしんどいときに、ママのドーナツクッションにおもちゃポンプで空気を入れすぎて破裂させてしまった。押入れに入ったり、カーテンやドアにぶら下がったりで、自分に気をむけようとしているのか。また、赤ちゃんがえりして、変に赤ちゃん言葉を使ってみたり、できることなのにできないとか言ってみたりする。「よくあること」だと聞くが、やはりムスコなりにショックなのだろう。
これからは、本当に家族4人で、いろいろ頑張っていかないといけないなぁ。

2005年05月15日

国営ひたち海浜公園

昨日、報道ステーションのコーナーで、ネモフィラの花畑が紹介されていた。今年は、ムスメも小さく、まだお世話が大変なのでおでかけするわけにはいかないが、来年とか、ちょっと落ち着いたら行ってみたいなぁ。見ごろは、5月下旬までくらいらしい。メモメモ。
国営日立海浜公園

2005年05月08日

ころころコースター

先日「ダンボールでトンネル」を作った、と紹介したが、こんどはそのトンネルの横に「ころころコースター」を作ってみた。おもちゃ屋さんで見かける知育玩具にヒントを得て、ダンボールをガムテープで張り合わせて作ったのだ。ボールは、積み木のボールを使う。かかった費用はおよそ200円(ガムテープ代のみ)。同様の知育玩具(木でできたやつ)を購入するとたぶん2、3千円はするだろうから、だいぶ節約になっているはずだ。
それに、なにより、買ってきたおもちゃよりも、はるかにムスコは喜んでいる。買ってきたおもちゃだと、想定された遊びの範囲におさまってしまうが、作ったおもちゃは、アイデアしだいで無限に可能性が広がるのだ。
また、販売されているころころコースターでは、私が知る限り、見えている玉は左から右に転がるのがちょっと気に入らない。なぜなら、一般に横書き文書を読むときには、日本語・英語の文化では、基本的に左から右の目の動きが基本になるから、こういう玩具でも同様の目の動きを意識したほうが好ましいと思う。まさか、ムスコは、パパがそこまで考えてこの玩具を作ったとは、思いもしていないだろうが、(どうせ効果もどれだけあるかわかるわけじゃないから別にいいんだけど)、成長してからこのBlogをもし見ることがあったら、わかってくれるかもしれないな。
でも、たぶんそういう目の動きの効果よりも、パパが玩具を作るために一生懸命時間をかけているところを見ている、ということが知育効果があるかもしれないな。
ムスコはこれを見て、素直に「パパ、いつも面白いもの作ってくれてありがと。100歳まで大事にする」といってくれた。ぉぃぉぃこんなダンボールの玩具がそんなに使えるわけないだろ。
ただ、そうして素直に喜んでくれることが、パパはうれしいのだ。これからもいろいろ工夫してあげるよ。

2005年05月05日

ムスメ誕生

誕生5月5日21時59分ごろ誕生。3090gで母子ともに健康。

今日、39週目の検診に行き、明日また来るように言われた。しかし、その日の午後7時30分過ぎ、どうやら規則的な痛みになったようなので病院につれていくとそのまま入院。パパとムスコは、どうせまだ生まれないだろうからとおもって、食事に出かけてしまっていた。帰ってくると、「今生まれたところですよ」って。生まれそうになったら携帯に電話くれることになっていたので、ぜんぜん予想してなかった。看護師さん、助産師さんもそれどころでなかったのかもしれない。早くて明日の未明くらいだろうとおもってたんだけど、やっぱり二人目だから、だいぶその辺の勝手が違うんだね。
立会いはできなかったけれど、生まれてすぐのところでムスメをだっこすることができた。
パッチリ二重のかわいい女の子。親バカと言われようがなんと言われようが、かわいいものはかわいい。我が家へようこそ。これからもよろしくね。

じゅげむ

同名の落語を絵本に書き起こした作品。子供の命名で悩んだ親が和尚様に聞きにいってめでたい名前をつける、というお話。「寿限無寿限無~」ではじまる名前は、最近はNHKの「にほんごであそぼ」でも使われているので、多くの人がご存知だろうと思う。DVD「にほんごであそぼ コニちゃんさんよう」も出ている。

ちなみに命名検討中で紹介したほとんどの姓名判断サイトでは、名前の入力文字数の上限があって、あんまり長い名前の姓名判断をすることはできなかった。唯一、21世紀の姓名判断命名naviでは、プログラムとしてはそういった制限をかけていないようで、私の姓と「寿限無寿限無五劫のすりきれ海砂利水魚水行末雲来末風来末食う寝るところに住むところ藪ら柑子のぶら柑子パイポパイポパイポのシューリンガンシューリンガンのグーリンダイグーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長介」を入力して判定したところ、以下のように表示された。

 総運489△ 鋭い感性を持つが、なんらかの邪魔が入り挫折しやすい。異性運×。孤独運。
 人運21◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
 外運468○
 伏運495◎ 良い家庭と友人に恵まれ成長します。
 地運474× 薄幸、貧困、病難運。

我が家でも命名検討中だが、こんな長い名前はつけないから安心して。>胎児ちゃん
先日、女の子の名前候補が見つかった、と書いたけど、もう男の子だった場合の名前も考えたよ。どちらでもいいから、元気に生まれてきて。

3歳~4歳くらいからオススメ。

2005年05月02日

命名検討中

我が家では、もうすぐ生まれる赤ちゃんの名前を何にするか検討中。
いろいろな命名法があるが、いろいろなものを見れば、やっぱりその方法のなかでも、良しとされるものを選びたいと思うし、なるべくならあまりよくないと言われているものはつけないであげたい。努力は必要だけど、運でみても幸せな人生を歩んでほしいとおもうから。
我が家が参考にしているのは、今のところ
 ・風水
 ・字画
かな。あと、パパとママが気に入る音感(呼びやすさ)とか、英語にして変な音にならないものがいいかな。

<風水から見た検討>
強運をつかむ赤ちゃんの命名風水」によると、私の姓は「火」の気をもち、「木」または「土」の気であれば、お互いを生かしあって運気をあげる相生(そうじょう)関係になるそうだ。一方、「金」または「水」の気とは、互いに対立しあって運気を下げる相克(そうこく)関係となるそうだ。そこで、「木」の気をもつ「あ音、か行、わ行」と「土」の気をもつ「う音、た行、は行」ではじまる名前で、パパとママが気に入る音感になるものをいくつか候補をあげることにした。

<字画による検討>
風水の検討で残った名前候補の漢字の割り当てを、姓名判断サイトで検索して調べた。参考にしたサイトは以下。私は、姓名判断について特に勉強しているわけでも詳しいわけでもないけど、サイトに書いてあることや使ってみた印象で、なんとなく信頼できそうなものをいくつか使い分けている。それにしても、同じ漢字を入れてみても、流派によってそれぞれ表示される内容が違っていたりする。どこまで信じるかはそれぞれだろうとはおもうけど、できればどこの流派でも悪いことが書いてないのがいい。

ここまでの検討で、現在のところ、だいたいどのサイトでも悪いことが書いてない、パパとママが気に入る女の子の名前候補(非公開)が今日やっと1つ見つかった。女の子だったら、この名前にしよう。あと、男の子の名前候補も考えておかないとね。>胎児ちゃん

名づけと姓名判断Emusuさんは以前仕事を一緒にしたことのある方。今5歳になるムスコの名づけにも利用させていただいた。伏運を計算することができる、指定した画数の漢字を表示できる、姓に合った吉名の字画数とコメントを表示できる、などの特徴がある。
21世紀の姓名判断命名navi「命名」でGoogleで検索したらトップに出てきた。命名naviを使えば自分の姓に合う吉名の字画数を提案してくれる。
姓名判断を極める姓名判断についていろいろと勉強されているkazumaさんのサイト。いろんな姓名判断サイトのフォームを検索できる。旧字体での姓名判断をまとめている「姓名判断1」がオススメ。
山本式姓名判断上記「姓名判断を極める」からのリンクでみつけた。主運、対人運、社交運、健康運、基礎運、晩年運に加え、20歳まで、20~40歳、40歳~60歳など、年代別の運勢判断ができる
安斎流姓名判断上記「姓名判断を極める」からのリンクでみつけた。笑っていいともでおなじみらしい
浅野八郎式姓名判断上記「姓名判断を極める」からのリンクでみつけた。姓名判断サイト