« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

2005年02月25日

8ヶ月検診

8ヶ月1今週の日曜日(2/20)、8ヶ月検診に行ってきた。
今回かかっている病院は、共立習志野台病院。日曜日にも検診をやってくれるので、便利だ。(ちょっと費用が高いといううわさもあるが。)

さて、胎児ちゃんは元気かな。最近はママのお腹をドンドン蹴っている。スーパーなどで、「もうそろそろですか?」なんて聞かれることもある。「ちがうんです~、まだ2ヶ月も先なんです~。」
やっぱり二人目だから、わりとすぐにお腹が大きくなってしまうのか。それとも、中の胎児ちゃんが予定よりも早く大きくなっているのかな。

最近、ムスコは「赤ちゃん起きてる?」と聞いて、ママが「起きてるよ~、いっぱい蹴ってるよ~」というと、モーツァルトのCDをかけてくれたりする。だんだんお兄ちゃんになってきたかな。

男の子?女の子?検診の結果、胎児ちゃんの成長はとっても順調。男の子かな、女の子かな。先生は、「今のところ、男の子のシンボルはみえないね」とのこと。でも、やっぱり生まれてくるまでわからないよね。どっちでもいいから、元気で、あと2ヶ月がんばってね。

次からは2週間毎に検診になる。

もう妊娠後期になり、安定期ではなくなるので、なるべくママのこと、助けてあげるようにしないといけないな。

2005年02月23日

紅ふうき茶

べにふうき当Blogには、実はあんまり適切なカテゴリがないけど、こじつけで「子育て」カテゴリに書くことにした。子供たちが花粉症で苦しまないようにということで・・・(ちょっと強引)
私自身、もう花粉症になって5年くらいは経つ。毎年この季節になると、鼻水ずるずる、目はカイカイ、大変だ。一昨年は、レーザー治療をした。昨年は、花粉の量が少なかったためか、特になにもしていないがそれなりに季節は過ぎていった。今年は、昨年の猛暑の影響で例年以上の花粉が飛ぶといわれている。予防のため、今年は、抗アレルギーの薬を1ヶ月くらい前から飲み続けている。
スパスパ人間学の放送( 2月17日放送「これが究極!花粉症をにならない&治す最強食材!」)で紹介された紅ふうき茶。メチル化カテキンという成分が、即効性があるらしい。さっそく、Googleで検索してヒットしたいくつかのショッピングサイトを見てみた。番組でも紹介されていたとおり、べにふうき茶は生産量が少ないため、かなりの品薄状態らしい。お茶の里城南では「予約販売」になっていたので、だめモトで注文してみたら、意外にも3日で到着。
(今、同サイトをチェックしてみたら、18日現在でまだ在庫がたくさんある、とのこと。興味のある方はチェックしてみては。)

早速飲んでみた。う~ん、ふつうの緑茶みたい。

まだ、本格的な花粉シーズンじゃないせいか、効果の程もよくわからない。もうすこし継続して飲んでみることにする。

ティーバッグ3g×18包で1050円。

2005年02月20日

Blog大賞2005に応募してみる

Blog大賞2005Blog大賞2005というイベントが実施されている。
Blogは昨年爆発的に普及したが、このような賞はそれぞれのレーベル(サービス)内でのものだった。今回のBlog大賞2005は、日本を代表するブログサービスが一丸となって実施するイベントだ。ココログ、ブログ人、ウェブリブログ、livedoor Blog、gooブログ、エキサイトブログ、JUGEM、ヤプログ!、はてなダイアリー、楽天広場と、ムック「みんなのブログ」が参加している。私のように、レンタルサーバを使っているようなタイプのBlogは、「みんなのブログ」のコーナーに応募することになる。受賞すると2005年3月29日発売のムック「みんなのブログ Vol.3」のカラーページに掲載されるらしい。

ちょっと前から、このイベントが実施されることには気づいていたのだが、気がつくと、応募は今日(20日)まで。いそいで応募しないと。

というわけで、以下、応募要領にしたがって

・ブログのタイトル
Mattani Log
・ブログのURL
http://mattani.xrea.jp/mt/

・作者(わかれば、ニックネーム可)
Mattani

・内容紹介
基本的には4歳になるムスコと今妊娠8ヶ月の胎児ちゃんの成長記録だが、同じようなファミリー向けに、面白いお出かけスポットや、オススメ絵本、英語子育てなどの紹介をしている。おでかけMapBlogで使用した写真をサムネイル表示などの工夫をしている(つもり)

2005年02月17日

使った写真をサムネイル表示

Blogで使用した写真・画像 今までにBlogで使った写真をリストにして、サムネイルで一覧表示できたらいいなぁと、かねてより思っていたが、我楽さんで紹介されているやり方をヒントに、やっとやりたいことが実現できたので、覚え書きしておく。
まとめると、以下のようになる。具体的な工夫については、続きの書き込みに書いておこう。
1.Collect Pluginをインストール
2.新しいIndex Template(Images Archive Template)を作成する
3.作成したImages Archive Templateを編集する
4.今までに作成した画像のサムネイル用画像をアップロードする
5.Main Indexを編集して、サムネイル表示するページにリンクを張る
以下、具体的な作成方法。
1.Collect Pluginをインストール
私の場合は、以前に今までの全書き込みリストのエントリですでにこのプラグインをインストールしていた。インストール方法は、ドキュメントに書かれているとおりなので、特にここで追記することはない。
Create new index template 2.新しいIndex Template(Images Archive Template)を作成する
MTの管理画面から、Templateの一覧を表示する画面の"Create new index template"をクリックし、Template NameにImages Archive Template、Output Fileにimages.phpと入力する。私の場合、テンプレートの基本構造を再利用するため、Template Bodyには、Master Archive Indexテンプレートの内容をコピーし、それから編集を行った。Output Fileは最初images.htmlにしていたのだが、Collectによって抽出するimgタグは、MTAmazonで使用する本のイメージ用のものも含まれてしまう。このとき抽出されるsrcはNULL文字になるため、それを判定文ではずすためにPHPを使用することにしたのだ。(当初は、MTregexなどを使おうとしたが、うまくいかなかった。)調べているうちに、PHPだといろいろなスクリプトをHTML中に書くことができて便利なことに気づいた。以下のテンプレート内のPHPスクリプトでは、サムネイルファイルが存在すればサムネイルを表示し、存在しなければBlogで使用した画像をそのままサイズを変更して表示するようになっている。これは、いうまでもなく、表示時に不要なデータ転送を行わないための工夫だ。ここでPHPに慣れたら、このサイトのいろいろなところに改善余地があることがわかったので、今後もぼちぼちと取り組んでいきたい。なお、PHPの文法を調べるに当たっては、 SAK Streets - PHP 開発言語資料を参考にした。
3.作成したImages Archive Templateを編集する
カスタマイズ途中ではいろいろと試行錯誤もしたのだが、ここでは、最終結果だけを示そう。なお、ここに示しているのはImages Index Templateの核となる部分だけである。前後については、それぞれのblogによって異なると思われるので、各自のサイトにあわせて作ればよい。
<div class="content">

<h2>今までの写真・画像リスト</h2>
クリックすると、もとの書き込みへジャンプします。
<p>
<MTArchiveList>
<MTEntries>
<MTCollect tags="img">
<MTCollectThis>
<$MTEntryBody$>
<$MTEntryMore$>
</MTCollectThis>
<MTCollected tags="img">
<MTIfCollected tags="img">
<?php
if (strlen($imagepath='<$MTCollectedAttr attr="src"$>') != 0){
if (file_exists("<$MTBlogSitePath$>../small$imagepath")){
print '<a href="<$MTArchiveLink$>"><img width="80" height="80" src="/small<$MTCollectedAttr attr="src"$>" /></a>';
}else
{
print '<a href="<$MTArchiveLink$>"><img width="80" height="80" src="<$MTCollectedAttr attr="src"$>" /></a>';
}
}
?>
</MTIfCollected>
</MTCollected>
</MTCollect>
</MTEntries>
</MTArchiveList>
</p>

</div>
4.今までに作成した画像のサムネイル用画像をアップロードする
Blogで今までに使った画像は横長のものもあれば縦長のものもあるため、サムネイルは正方形にしたほうが(私の主観として)きれいに並ぶ気がした。また、サイズは80×80とした。このサイトの画像は、すべてImagesまたはPhotosというディレクトリに格納してある。また、リンクを張るときには、src="/images/hogehoge.jpg"というように、ローカルホストの絶対パス指定で書いている。ちょっとスクリプトの中身を見ていただければわかるとおもうが、以下のようなディレクトリ階層としているのだ。リンクをURLで指定していたり、通常の大きさのファイルを格納するディレクトリと同じ構造をsmall配下に配置しておかないと、スクリプトが期待の動作をしない。まぁ、ちょっとPHPをいじればどうとでもなるけど。
<$MTBlogSitePath$>/../images                (通常の大きさの画像)
                  /../photos                (通常の大きさの写真)
                  /../small/images          (サムネイルの画像)
                           /photos          (サムネイルの写真)
5.Main Indexを編集して、サムネイル表示するページにリンクを張る
Main Indexのカスタマイズ方法については、特に追記しておくことはない。 私の場合は、右のサイドバーのところに、今回作成したページのリンクを貼り付けて、Main Indexをリビルドした。このスクリプトを含め、ここに書いた情報は、なんら動作保証等はない。お好み&自己責任でカスタマイズを楽しもう。

2005年02月14日

結婚記念日とバレンタインデー

手作りケーキ 三連休最終日(2月13日)にママが手作りチョコレートケーキを焼いてくれた。家族でささやかに結婚記念日(2月1日)とバレンタインデーのお祝いをした。ママ、ありがとう。もう今年で結婚して丸7年。ずいぶんとたったなぁ。今年は赤ちゃんがお腹にいるので大変だけど、来年はどこかいっしょに行ければいいね。
銅婚式 ウェディングキャンドルを出してきて8年目のところまで燃やした。 我が家では毎年、結婚記念日近辺で1目盛り燃やすようにしている。
結婚記念日-意義と名称
今年は銅婚式。「家族、財産の安定を銅に例えて」ご指導いただいた皆様に感謝し、これからも安定した家庭を作っていけるように。

2005年02月12日

くんちゃんとふゆのパーティー

ドロシー・マリノの”くんちゃんシリーズ”の第一作。こぐまのくんちゃんと、お父さんぐま、お母さんぐまの暖かい家族を描いた作品だ。
冬がきて、そろそろくまはふゆごもりしなくてはいけないが、雪をみたことがないくんちゃんのために、お父さんぐまがすこしだけふゆごもりをすこしだけ先にしてあげる。そして、好奇心いっぱいのくんちゃんが、雪を初めて見、雪が星の形をしていることに驚き、そして雪のなかでおおはしゃぎ。その後その雪が、ことりたちを困らせるものだということも知る。くんちゃんは、ことりたちに食べるものをあげてパーティをひらき、出かけているお父さんぐまのためにもパーティをひらいてあげる。お父さんぐまは、お留守番をしているくんちゃんとお母さんぐまに、プレゼントを買ってきてあげている。そうして、パーティの後、雪で遊んだ楽しい夢を見ながら、くんちゃんは春までの眠りにつく。
とってもほのぼのとしていて、素直で理想的な家族のありかたではないだろうか。最近、ムスコのいたずらが目につくようになってきて、つい大きな声で怒鳴ってしまったりする。そして、怒鳴ってしまってから「ちょっと言い方きつかったかな」なんて自分で思う。育児は育自。難しいものだ。この本を読んであげると、自分もちょっとやさしい気分になれる。

2歳半~3歳くらいからオススメ。
タイトル:
著者:
出版社:  ISBN
発行日:
定価:


2005年02月09日

天使の羽

天使の羽 ムスコが幼稚園で作ってきた天使の羽。

幼稚園では、英語あそびや国語あそびなどの時間のほか、毎日、オープンタイム(自由時間)がある。オープンタイムには、いくつかのコーナーがあって、それぞれ自分の好きなコーナーに行って遊ぶらしい。それぞれのコーナーには担当の先生がいて、危ないことにならないように見てくれているようだ。
ムスコのお気に入りは、「作って遊ぼ」のコーナー。箱や筒、紐、輪ゴム、セロハンテープなどの材料で、園児がそれぞれ思い思いのものを作るのだ。よくムスコもいろんなものを作って持って帰ってくる。
「ぬりえ」のコーナーでは、いろいろな形をしたぬりえを先生が用意してくれていて、その中からすきなものを取って、塗るらしい。先日持って帰ってきたのは天使の羽。親バカだなぁとおもいつつも、背中につけて写真を撮ってみた。

2005年02月08日

恵方巻きの丸かぶり

恵方巻き 主に関西の風習だった恵方巻きの丸かぶりは、ここ数年で急激にその他の地域にも広がってきているそうだ。(ミツカンのWebサイトより)
我が家では、いままで大人は、きちんと節分2月3日に丸かぶりをやってきたが、今年からはムスコもその仲間入り。ママが、(妊娠7ヶ月のお腹なのに)わざわざ駅前の銚子丸まで買いに行ってくれていた。ありがとう、ママ。
パパは残業だったので、ムスコの丸かぶりシーンを生で見ることはできなかったが、ママが写真をいっぱい撮っておいてくれた。
仕事がもうちょっと早く切り上げられたら、豆まきも一緒にやりたかったのだが。来年は一緒にやれたらいいね。

2005年02月01日

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban

先週の日曜日、ASAの映画試写会のチケットに当たっていたので、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」(吹き替え版)をムスコといっしょに見てきた。いわずと知れた人気シリーズだ。私の場合、原書は1巻~3巻まで、昨年までに読んでいたが、日本語訳本は今まで読んだことはなく、第1作、第2作の映画も、部分的に親戚の家でDVDを見せてもらったことがあるだけなので、どういうふうに映画化されているのか、とかはあまり知らなかった。
今回、はじめてハリーポッターの映画をみたのだが、「原書に書いてあるストーリーをなるべくもれなく表現しようとする一方で、映画としての枠に収めるため、個々の描写は極端に省略してしまい、映画だけみたら、なぜここでこうなるのか、よくわからないのではないか」と感じた。
映画だけみて、よくわからなかった方は、ぜひ原書を読んでみることをオススメしたい。日本語訳本でも、ストーリーとしては忠実に訳しているはずなので、こちらを読んでみてもいいけど。パラパラっと書店で立ち読みをした感じだと、もともとが児童向け小説なので、日本語版だとちょっと物足りない。(そういう意味では、私の英語力って、児童向け小説が楽しいと思える程度のものなのだろうが。)
続きの書き込みには、ストーリーのネタばれを一部含むので、見たくない人は見ないでください。(って、直接個別ページに飛んできちゃった人はすみません。)
タイトル:
著者:
出版社:  ISBN
発行日:
定価:



いろいろ省略されているが、一番気になったのは、だれがどこにいるのかわかる「Marauder's Map」。Moony、Wormtail、Padfoot、Prongsの4人が書いたものだが、この4人、実は、それぞれ、Professor Lupin、Peter Pettigrew、Serius Black、James Potterのニックネームだった、というところ。これがLupinから明かされるところは、原書では小山場になっているのだが、映画ではさらりと流されているような印象をうけた。
また、Patronusを練習するがなかなかうまくいかない様子も、映画では描写があまりにも軽すぎる気がする。映画では、ちょっと練習すればできちゃった、みたいな感じだが、原書では、Harryはこの魔法を操れるかどうかについて、最後までまったく確信をもっていないし、Happy Memoryを思い浮かべることがPatronus成功の鍵となるのに、そのあたりがあまり描写されていなかったりする。
最新のFirevoltを入手(この入手にも、Harryは実際すごく苦労をする)し、それに乗ってQuiditch Cupに優勝することによって、最高のHappy Memoryを得て、最後のPatronusにつながるのだが、Firevoltのことは、映画では、エンディングにちょこっと触れられているだけだ。

ここに書いたことは、ネタばれもあるが、原書には、他にも、「あぁ、そうだったのか」という伏線もあるので、まだまだ楽しめる。児童書のため、英語もそれほどは難しくなく、洋書としてはとっつきやすいとおもう。オススメ。